Home > People > agete 秋山麻里菜

Interview

agete 秋山麻里菜

2016 May
入社 アガット店舗(関東)に配属

My work style

お客様との時間を自分からまず楽しむ

18歳になったある日、母から「18歳の記念におまもりのリングを買ってあげるよ」と言われ、探しに入ったお店の一つがアガットでした。その日、たくさんのお店を回るなかでアガットのお店の接客が一番素敵だと感じました。母がつけているリングの話をアガットの店員さんにした時、とても親身に聞いてくださり、「モチーフがそのリングと少し似ているのでは」とピンキーリングを提案してくれました。母も「このお店は店員さんの雰囲気がいいね」と言っていて、最終的にアガットでおまもりのリングを購入することに。その時の記憶が強く残っていて、前職のブライダル業界からの転職を考えた時、お客様と素敵な関係を築けるアガットで働きたいと思いました。実際に入社してみても、一人ひとりのお客様とじっくり会話をとおして、関係性を深めていけるアガットの接客スタイルは入社前の想像とギャップはなく、日々楽しく働けています。

とはいえ、まだまだ販売経験も商品知識も浅いため、中途入社スタッフ研修やお客様のいらっしゃらない時間などでロープレをしたり、商品知識を勉強したり、先輩スタッフからアドバイスをいただくなど、毎日少しでも理想のスタッフ像に近づけるように励んでいます。技術面も非常に大切だと感じる一方で、常に大切にしているのはお客様の目をみて笑顔で接客すること。いつもそのことを忘れずに取り組んでいます。
私が以前リングを買ったようにお客様がどんどんご自身のお話をしてくださると、距離が縮まっている気がして嬉しくなります。

My favorite time

この仕事をしていて嬉しいのは、ジュエリーを付けた時に「可愛い!」と輝く表情を見た時です。お客様が更に魅力的になられる瞬間を見ていられるのはこの仕事ならではの喜びです。また、カップルでご来店し、男性の方に欲しかったジュエリーをプレゼントしてもらった女性の笑顔は、こちらまで幸せになります。

直近では、結婚をご予定のお客様に、前職ブライダル業界の知識を生かした踏み込んだアドバイスや、結婚式までの段階ごとのお悩みをお聞きするなど、私だからこそできる接客ができたと感じる瞬間がありました。私は販売未経験で入社しましたが、自分が今まで取り組んできたことや経験を、私だからこそ提供できる付加価値として接客に活かすことにやりがいを感じています。

My favorite item

入社のきっかけともなった18歳の記念に母から買ってもらったアガットのピンキーリング。ジュエリーが大好きだった母の影響で、私も小さなころからジュエリーが大好きでした。小学生のころに、母が祖母から譲り受けたリングを指にはめた時に、まだブカブカでしたが、すごくドキドキしたことを覚えています。大ぶりでアンティークっぽいところが気に入っていて、今でも時折借りています。そしてそのリングに合わせているのが、このリングです。このリングをつけていると祖母から母へ、母から私へ、家族の繋がりを感じることができます。