Home > People > NOJESS 安達朱里

Interview

NOJESS 安達朱里

2016 April
新卒入社 ノジェス店舗(関東)配属

My work style

いつかあの先輩のように

私がこの業界に興味を持ったのは、お客様と深く関わることのできる接客がしたいと思ったからです。学生時代はアパレルのアルバイトをしていましたが、量販店だったためお客様と会話できる機会が少なく、人と話すことが好きな私は少し寂しいなと感じていました。じっくり接客ができるようなブライダル業界やインテリア業界から就職活動を始めたのですが、最終的にエーアンドエスに入社を決めたのは、説明会や面接、店舗で出会ったスタッフに惹かれたからです。もう一つ、面接を通して「自分の正直な思いを受け入れてくれている」と感じたことも決め手でした。入社後もその印象は変わりません。厳しくも温かい先輩方に囲まれながら働いてます。

入社してからたくさんの失敗をしてきて、「なんでこんなにできないのだろう」とイメージしていた自分の姿とのギャップに悩んでいたことがありました。「もっとしっかり、真面目になりたい」と思い、それを先輩へ伝えたところ、「真面目さを求めてはいないよ」と。とても驚いたのですが、「真面目だから良いのではなく、人にはそれぞれの良さがある。安達さんには安達さんの良さがあるから、それを伸ばしていくことが大切」とアドバイスをくださいました。そんな先輩に少しでも早く追いつけるよう努力していることは、接客のスキルを磨くこと。これは個人的にしていることですが、日々の接客を全てノートに記録して自分の接客スタイルを分析し、次へ生かすようにしています。今はまだ目の前のことで手一杯ですが、このノートをもとに、ノジェスのファンを増やしていきたいです。

My favorite time

以前、1日に何度もご来店いただくお客様がいらっしゃいました。何度もお越しくださるので、何か欲しい物あるのではないかなと思ったのですが、ご自身の話よりも私の話を真剣に聞いてくださる様子で、その日はお客様の心に触れる商品をご提案することができませんでした。それから2ヶ月程が経った頃、再びご来店いただき、すぐにあの時のお客様だと気づきました。またお会いできたことが嬉しく、様々なお話をさせていただく中で、私のお気に入りのリングをご紹介しました。すると、ポツリポツリとご自身のことをお話ししてくださるようになり、「リングが欲しいと思っていたけれど似合うか不安に思っていた」という気持ちを伺いました。最終的には私がご紹介したリングを選んでくださって、お客様の心に触れることができたと感じた瞬間でした。たくさんのお客様がいらっしゃる中で、一人ひとりのお客様に合わせたご提案をすることは難しさもありますが、「私だからできる接客」を追求して、お客様と関わっていきたいと思っています。

My favorite item

カスミソウの花冠をイメージしたリングがお気に入りです。初めて着けた瞬間、気分が上がったことをよく覚えています。華奢ながらも透かしのデザインになっており、着けた時に指を美しく見せてくれます。私の手元を見て同じリングを選んでくださるお客様も多く、つい先日も「お姉さんとお揃いにします」とご購入くださいました。自分のお気に入りをお客様にも気に入っていただけると、とても嬉しくなります。そのたびにお客様との思い出が増えていく、大切なリングです。